過払い金返還請求

過払い金とは

過払い金は、債権です。債権とは、相手に請求できる権利をいいます。

 

専門家に相談する前は、借金が残っていたのに、専門家が介入することで、相談者は請求される側から請求する側に立場が入れ替わります。

 

過払い金が認められるのか、認められないのか、長く裁判の場で争われてきました。過払い金が認められるのかどうか、グレーな時期もありました。

 

そして、その後過払い金についての裁判上の判断が固まる度に、借金の整理方法にも過払い金が大きな影響を与えてきました。

例えば、過払金が認められた結果、相談者の手元に過払い金が戻り、自己破産や個人再生をとる必要がなくなったケースが多々生じました。

借金整理後の生活再建という面でも過払金の果たす役割は大きかったと言えます。

 

従って、債務整理する上で、過払い金が見込めるのか、見込める場合にいくら回収が果たせるかは、非常に重要なポイントなのです。

 

アコム、アイフル、プロミスなどの大手消費者金融会社はもちろん、セゾンカード(クレディセゾン)、クオークカード、オーエムシーカード(OMC)、三菱UFJニコス、ライフ、ジャックスカード、ニッセン、丸井、オリエントコーポレーション、イオンクレジットサービス、楽天KCなどのクレジットカードのキャッシングを違法な金利で長年利用したことがありましたら、あなたの借金は必ず減り、過払いになっている可能性が高いです。

 

また、過去に完済していたら、払い過ぎた利息を取戻すことができます。

 

 

過払い金回収の現状

過払い金は、消費者金融会社に対して、利息を払いすぎた方が、その消費者金融会社に対してお金を返せと言える権利です。特に、高金利のもとで返済を終了し、現在は消費者金融会社と取引がない方は、必ず過払い金が発生しています。

 

しかし、この権利は実行に移さないと、消えてしまうかもしれません。

取引終了時期から10年を超えると、時効によってなくなってしまうのです。

 

また、時効でなくならなくても、消費者金融会社が倒産してしまったら、同じように取り戻せなくなってしまいます。

 

一生懸命、消費者金融会社に返済をしてきたのに、催促の電話が鳴るのにおびえながら返済してきたのに、それが払いすぎだったんです。消費者金融は、払いすぎていたことを知っていて、何も言わずにそのまま返済を受け取っていたのです。

 

にもかかわらず、時効だから過払い金はお支払いできませんとか、もうお金がなし、倒産するのでお金を支払えませんなどと平気で言ってくるのです。

 

表現は、相応しくないかもしれませんが、過払い金は早い者勝ちの様相になっています。

権利を実行するかどうかは、その人の自由ですが、過払い金の請求をしたいと思っている方は、お早めに実行に移することが必要だと思います。